-->

自然農ガットポンポコ

ガットポンポコとは

「ガット」は珠洲の方言で「カエル」。「ポンポコ」は「タヌキ」や「アナグマ」のこと。雨の日にカエルが沢山飛び出す、農薬を使わない田んぼや畑。タヌキやムジナが道をとことこ歩いている里山。そんな生き物たちと共存して農生活をする家族です。石川県珠洲市、能登半島のさきっぽで、食べる森の楽園を楽しみ自然農の作物を育て集落という生き方を楽しみものを作って暮らしています。

 

2009年に夫婦で歩いた、カミーノ・デ・サンティアゴという850kmの巡礼路(→kokopelli巡礼日記)での体験をきっかけとして、帰国後「答えを生きる」暮らしを始めました。社会を変革する運動よりも、こうなればという暮らしを実践します。

ご縁に動かされ、地域の先輩達に揉まれながら、毎日、少しずつ、手足で考えています。

 

ご見学いつでも大歓迎です。
お問い合わせ、ご連絡は下記Eメールアドレスまでお願いします ( ´ ▽ ` )ノ”

noen@kobapan.com