それにしても今年の珠洲は雨が振らない。昨日の夜久しぶりに、それもバケツに4cm位だけ雨が降った。それだけで狂喜乱舞している。いつ以来の雨なんだろうと調べたら、前回降ったのは7月の12日だった。1ヶ月近い日照りだったのか。そしてこの後雨の予報はない。田んぼの水はまだ大丈夫だけど、畑がカラカラだ。

そんな話をしていたら在所の農家さんが、こんな年は種を深めに植えるんだ、と教えてくれた。ここいらは粘土質だから、表面がカラカラでも少し掘れば必ず湿ってる。種を植える深さも天候に合わせるんだな。

  さて、ショドマチの田んぼ不定期観察

今年は田植えに時間がかかり過ぎた。田植えが完了後に水を入れて水深の管理を始めるが、何ほども経たずに立秋を迎えた。だから当然なのだろうが、昨年に比べて稲が太っていない。

最初の方に植えた株(イセヒカリ)はそこそこに育っている。

最後の方に植えた株(コシヒカリ)はやっと7分蘖ぐらい。

水を張るのが遅かったので、草も生えてしまっている。やれやれ。農家の来年だな。

「自然農」最新記事

穀物の脱穀の仕方 2021-01-20
ほにょ 2020-11-19
いろいろな穀物をつくる 2020-10-31
踏み込み温床 のち 植物性堆肥 2020-04-12
古代米とお豆のサラダ 2020-03-30
お花見弁当 2020-03-20
早春は切り干し大根の季節 2020-03-09
石臼で小麦を挽いてパンを焼く 2020-02-01
冬水田んぼ、やってみるかって(笑い 2020-01-15
我が家に犬が仲間入り 2019-09-02