育苗中.ピーマン・伏見甘長

 

種が発芽する温度

ピーマンが30〜35℃

伏見甘長が25〜30℃

つまり常に30℃を保てば、3〜5日で根っこが出てくる。

 

電気式の保温器があれば簡単だけど、天然自然の力でとなるとこれが難しい。米ぬかを発酵させて温度を得る踏み込み温床や、人間の体温を利用するポケット育苗など試すも発芽率悪し。ピーマンって難しいんだわ、という結論にいたっていた。

というのは去年までの話。この冬の間中かかって作ったロケットストーブの、ほかほかベンチがちょうどよい温度を保ってくれてる。あまり発芽しない例年のことを思って沢山芽出し(正確には根出し)させていたら、余ってしまった。Σ(゚Д゚;)

我が家の夏野菜育苗は、種を湿らせて密閉容器に入れて保温、根が出たら畑土を入れた鉢に種蒔き、さらに衣装ケースに入れて保温する。写真は、根が出た種を鉢に蒔いたのち、出芽したピーマン・伏見甘長。

朝と晩に薪を入れて、夜の間は布団を掛けてあげれば、すくすくと育っている。よかったよかった。

「自然農」最新記事

穀物の脱穀の仕方 2021-01-20
ほにょ 2020-11-19
いろいろな穀物をつくる 2020-10-31
踏み込み温床 のち 植物性堆肥 2020-04-12
古代米とお豆のサラダ 2020-03-30
お花見弁当 2020-03-20
早春は切り干し大根の季節 2020-03-09
石臼で小麦を挽いてパンを焼く 2020-02-01
冬水田んぼ、やってみるかって(笑い 2020-01-15
我が家に犬が仲間入り 2019-09-02