今年、我が家の柿は大きい。そして熟すのが早すぎる。本当はもっと寒くなってから干したいところだ。

だが私には下屋があるぜ! ということで、天気が続くのを見計らって、 120個ほど吊るした。ヽ(´▽`)ノ

昨年までは皮を剥いたら、熱湯とか焼酎にくぐらせてたけど、なんもせんとそのまま吊るした。しばらく天気が良いと分かってるならこれでいいと思う。

下屋が出来たことで、窓のところに吊るせるようになった。こんだけ下げても雨があたらない。

壁に吊るすより、風通しがいい。これならカビも来ないかな。

一ヶ月後が楽しみ。

関連記事

念願の下屋を建てた

下屋で干し竹の子

下屋で干しもん

吊るし柿(干し柿)の作り方

この記事が気に入ったら →

いいネ!

「#パーマカルチャー」最新記事

ペチカを作る。その3。完成 2021-10-14
ペチカを作る。その2。再設計からレンガ積み途中まで 2021-07-12
新作。薪火で調理するオクド2型。 2021-04-13
鶏の雛の買い方、飼い方 2020-04-03
古代米とお豆のサラダ 2020-03-30
お花見弁当 2020-03-20
ここほれコッコ 2019-10-01
ペチカを作る。その1。設計。暖房能力の計算 2019-01-26
闇に揺らめく吊るし柿~~黴びない吊るし柿の干し方 2017-11-01
養鶏を始めた 2017-03-04