オクドを作り始めた、この春までの記録。

設計

ロケットストーブで耐火素材について散々実験してきて、

うん、珪藻土レンガでつくろう

と、土台は赤レンガ、火の当たるところは珪藻土レンガで作り始めたんだけど、施工が大変なのと、

生粘土のレンガを叩き締めながら作るオクド

とか

籾殻燻炭を入れた焼成煉瓦

とかが気になって、途中からは improved.lorena-stoves に習って粘土と砂と籾殻薫炭の版築で作ってみた。

構造の設計は居関さんの「農家向き改良かまど―作り方・扱い方」を参考にした。

基礎部分

グリ石で埋めたあと、コンクリセメントを流し込んで、基礎を作った。

基礎の上に1段目を積む。内側は礫で埋めて、石灰粘土で均した。

2段目。目地は2~3mm。目地材は、石灰と篩った粘土と砂。

3段目。

4段目。

耐火部分

5段目の上にロストルが乗るので、ここから火の周りに断熱素材を使う。

6段目。

7段目以降は、版築で作ることにしたので、煙道の型枠を作る。版築は型枠の中に土を少しずつ入れてはギュッと締めて、また土を入れてを繰り替えして形を作る技法で、万里の長城がこれでできている。

7段目以降。版築の途中。ダンパーを事前に入れてある。火袋はボールで型をとる。

版築に使った粘土は、壁土を再利用して3mm目の篩いに通したもの。篩いに残った藁スサは今後に取っておく。粘土に無農薬栽培米で作った籾殻薫炭を断熱材として混ぜる。

型枠は煙道のみ。あとの所は適当な板で抑えながら、土を締めていく。

しばらく乾かしてからダンパーを引き抜こうとしたら、抜けなかった。版築タタキって、すごい締まるのね。伸縮ゼロ? 無理やり抜いたら壊れちゃった。。

中途半端に壊れたところの、粘土をマシェットで削る。さらに煙道の型枠を焼いたり、叩いたりしてなんとか外す。

ダンパーやり直し。筐体を作ることにした。中古の流し台のステン板がちょうどよい厚み。

仕上げ

下塗りをしたところ。

中塗りをして、仕上げ塗りを始めたところ。仕上げ塗りは、漆喰に煤を混ぜたものを塗り、鏝抑えをしている。

半年乾燥させたら出来上がり。

参考

この記事が気に入ったら →

いいネ!

ログイン不要で、いいネ!できます。足跡も残りません。

#作る 最新記事

日本での earth building 土造り住宅 2022-05-14
ロフトを造る 2022-04-03
地球で生きていくために炭を焼こう 2022-03-01
薪火の床暖房いろいろ 2022-02-05
ペチカその3。完成 2021-10-14
農家の手仕事。野良着を縫う 2021-08-13
ペチカその2。再設計からレンガ積み途中まで 2021-07-12
オクド2型。薪の炎で調理する。新作。 2021-04-13
Cob House コブの家 建築中 2021-03-27
穀物の脱穀の仕方 2021-01-20