薪直火の火力を体験すると、ロストルのあるオクドというものを試したくなった。そこで七輪で薪を焚いてみた。簡易だけど、ロストルがあって、排煙もできる。 七輪の上に乗っているのは、一番下の写真のように羽釜とセットで売られていたアルミの筒。その上にガス台の五徳。

実験結果

使ってみると、湯の沸騰までの時間がロケットストーブに比べて早かった。また、焚き初めは煙るが、熾が出来てしまえば通風口を絞っても煙らず、下写真のようなユラユラとした焚き方で、湯の沸騰温度を維持できた。すごいね。

調子に乗って太い薪を投入すると、煙った。しかし、ま、一時の間。

ただ火を燃やすだけではつまらないので、この上に羽釜を乗せてご飯を炊いてみた。熾だけになった時点で、五徳を外して写真のような状態にした。熾火は近い方が火力が強い。熾が消えるにまかせて、そのまま蒸らす。

感想

七輪の上に乗せた筒は、薪から出たガスが酸素と混ざって燃焼する空間を確保するために必要。これがないと全く燃えない。

五徳は排煙のために必要で、これがないと隙間が足らないので煙が充満して、不完全燃焼が増える。改良カマドのように煙突があれば、五徳は必要ない。

オクドでは、今回のように鍋の位置を後から下げるとか、自由に動かせる訳ではないので、熾火は常に遠火ってことなんだな。熾火で強火を得ようと思ったら、熾が出来たら取り出して、今回のように七輪を使えってことか。

ロケットストーブでなくても、煙らない焚き方が可能だと分かった。そして何より、鍋にとっての火力は、七輪焚きの方が断然強い。「鋳物のカマドは燃料を浪費する」と聞いて、カマド全般がそうなのかと思っていたけど、珪藻土などの断熱資材を使ったカマドは高効率みたいヾ(。 ̄□ ̄)ツ 調理用にはどうやら、ロケットストーブよりオクドの方が向いているようだ。嫁もウンウンと頷いている。

ご飯は、今までにない蟹穴が出来て、とても良い炊き上がりだった。

関連記事

「作る」最新記事

作ったオクドを1年使ってみて 2020-08-01
能登産の木材で踏み天井用の板作ったよ! 2020-02-12
貝灰できた 2019-08-22
珪藻土煉瓦もアサヒキャスターも消耗品です 2019-08-21
チェーンソーが片方に切れ込んで行く理屈と直し方 2019-05-01
オクド築炉中 2019-03-21
ペチカの設計図を書く 2019-01-26
Cob House 建築中 2018-03-24
light straw clay 藁と粘土で作る断熱壁 2017-12-01
Cob House:身の回りの自然素材「土、砂、石、藁」で作る家 コブ・ハウス 2017-09-30