新しいオクドが、できた。

ほぼ珪藻土レンガで作った、最新式のオクド。一つの炉で薪火を焚けば、同時に2つの鍋にお湯を沸かせる。

珪藻土レンガの断熱性のお陰で少しの薪で調理が出来る。地元珠洲市の特産。それ自体が構造体になる断熱素材って最高。ノコギリで加工出来てしまうところもいい。珪藻土レンガは耐久性に劣るので、強い火や薪のぶつかる所には耐火レンガを使った。

これまでの実験の成果があり、二番穴の鍋底にも炎が当たる、これ大事。素材。炉の大きさ。火室の大きさと形。二つの穴の距離。煙道の通り方。バッフルの形。これら全部が組み合わさった結果。

前回のオクドの実験結果

版築で作ったオクドを1年使ってみて

 

断熱レンガと耐火レンガの違い

ロケットストーブには珪藻土レンガ(キッチンロケットストーブ作るよ

「少ない薪」へのこだわり

最初の写真を見ると、焚き口の狭いのが分かると思う。炉も同じように狭い。これは、わざと。細い木を丁度良く、くべて、小さな空間に炎を閉じ込めることで、必要な熱が鍋底に集中するようにしてる。

もっと大きな炉にして、太い薪をドッカンどっかん燃やせば楽だという発想もあるが、私は少ない薪で、効率良く調理や暖房をすることにこだわっている。

それは、何故か?

禿げ山を作りたくない

昔近畿地方で大都市近郊の花崗岩質の山々が、燃料の為に木を取りすぎ、禿げ山になったという歴史がある。

そんなのは繰り返したくないから、木が蓄えてくれたエネルギーを目的のためだけに使い切りたい。

珪藻土レンガで作ったこのオクドは、調理してる人は暖かくない。これが大事。夏場に調理人が暑くなるオクドじゃ、薪が勿体ない。

暖房用ストーブで一日中火を焚いているのなら、そこで調理もしたら薪が節約できる。けど、ペチカは蓄熱のために必要な量のだけ薪を焚いたら、後は一日中放熱し続けるということが出来るので、調理のためだけに別途火を熾すのは勿体ない。

調理装置は断熱が大事だし、暖房装置は蓄熱が大事で、この二つは両立が難しい。調理も暖房も同時にできる燃焼装置がいいのかと思って、いくつか実験したけど、調理と暖房それぞれに特化した性能のよいものを別々に使った方が、薪を節約できるという感想。

薪を準備するのは大変

森林資源の豊富な国に住んでいるし、貴重な化石燃料を使うのは勿体ないので、我が家ではガスや灯油を使ってない。調理、風呂、暖房、パンやビスケット作りなどの熱元は、薪。すごく沢山の薪が要る。

矛盾するんだけど我が家では、薪を用意する為の伐採、運搬、玉切りに、化石燃料(ガソリン)を使っている。これを減らしたい。熱エネルギーを作るために、別の熱エネルギーを消耗することは「できるだけ」避けたい。

そのための工夫の一つは、適正な里山管理。自分が歳をとったら段々と木の伐採が大変になることが分かっているから、小径木の、伐採も運搬も玉切りもし易い林を、老後の為に今から作っていってる。

もうひとつの工夫が、オクドやペチカのような熱効率の良い燃焼装置や、断熱と蓄熱に優れたコブハウスを作ること。薪は工夫して、余すところ無く使いたいから、最小限の量で適正な調理や暖房ができる燃焼装置にこだわっている。

勉強の仕方

ところで、お師匠さんは誰ですか?火の術をどこで勉強しましたか?と聞かれることがある。

教わってきた人は、実家の父ちゃん、近所の職人さん、珪藻土の社長の鍵主さん、自然農と山暮らしの先輩の石黒さん、石積みの家の根岸さん。もっと他にも沢山の方に。

最近は本もよく読む。ガスや石油がブームになる直前に日本で出版されたDIY本がすごい為になる。絶版ばっかりだけど。暖房のペチカはロシア語のオンライン書籍や研究サイト。身の回りの自然素材でコブハウスやアースオーブンを作るのはアメリカで出版された本で勉強してる。

何より身に付くと感じるのは、そうして得た知識を実際に実験して、壊して、また実験して、本を読み返しては、また、の繰り返しの蓄積。こういうの無駄にはならないな、と思う。

このあとは

できた、って書いたけど、あとは表面に土や漆喰を塗ったら、ほんとの完成。このままでも使えるけどね。珪藻土レンガは削れやすいから、保護しないといけない。鍋が乗っている金属の穴の開いた円盤を釜輪というけれど、今はただ置いてあるだけなので、動くかもしれないし、隙間から煙が漏れてしまう。

参考

#作る」最新記事

穀物の脱穀の仕方 2021-01-20
版築で作ったオクドを1年使ってみて 2020-08-01
能登産の木材で踏み天井用の板作ったよ! 2020-02-12
貝灰できた 2019-08-22
珪藻土煉瓦もアサヒキャスターも消耗品です 2019-08-21
チェーンソーが片方に切れ込んで行く理屈と直し方 2019-05-01
Cob House 藁版築 light straw clay 2019-04-01
オクド築炉中 2019-03-21
ペチカの設計図を書く 2019-01-26
Cob House 建築中 2018-03-24
winkいいネ!