今年も庭のクサイチゴでジャムを作った。 クサイチゴ よく「ヘビイチゴ」のことですか?と聞かれるが、違う。両方共地面を這うようにして増えるが、ヘビイチゴは美味しくない。クサイチゴは、とっても甘くて美味しい。生食では最高に幸せになる。たまに巨大に実っていて(_)びっくりする。去年これは旨いと、木(くさイチゴは木本)を刈らずに残しておいたから太っていて、今年はまとまって採れた。

 

ジャムにするのは、甘酸っぱいものが適しているけど、クサイチゴは甘すぎて、いまいちかもしれない。そのくらい甘い。 パンケーキに乗せて食べてみた。 酸味のないイチゴなので、ジャムとしての特色が出にくいな。

 

やっぱり、草をかき分けかき分けして、手を刺だらけにしながら、口にぽいぽいしていくのが美味しいイチゴかもなあ(゚A゚;)ゴクリ

 

ジャムは、美味しい食材だけど、作っていて気になるのは、砂糖を大量に使うことだ。砂糖は私作れないからなあ。せっかく野生の恵みをいただくのに、工業製品を大量に使うというのが、なんだかなあ。クサイチゴはすごく甘いのだから、砂糖を添加しなくてもジャムにならないものだろうか。来年の課題だ。

この記事が気に入ったら →

いいネ!

「#パーマカルチャー」最新記事

ペチカを作る。その3。完成 2021-10-14
ペチカを作る。その2。再設計からレンガ積み途中まで 2021-07-12
新作。薪火で調理するオクド2型。 2021-04-13
鶏の雛の買い方、飼い方 2020-04-03
古代米とお豆のサラダ 2020-03-30
お花見弁当 2020-03-20
ここほれコッコ 2019-10-01
ペチカを作る。その1。設計。暖房能力の計算 2019-01-26
闇に揺らめく吊るし柿~~黴びない吊るし柿の干し方 2017-11-01
養鶏を始めた 2017-03-04