畝の立て方次第で畑が育つ

これまでの畝立て

図1、2、3は、畑のイメージ図。波波の黒い線が等高線、透過の赤が畝、黒い外枠が畑の外周。

図1

緩やかな傾斜の畑に、当初図1のように畝を立てた。畝の頂上付近の傾斜がきついため乾きすぎて野菜の育ちが悪いので、何年か前に次の図2のような畝立てに変えた。

図2

こうすると傾斜が緩くなるので、ましになったけど、畝によってはまだ頂上付近が乾きすぎる。

この畑を開墾したときは長年の有機物の堆積のおかげで、すごく豊かな土壌だったけども、開墾したのち真夏に草を刈ると有機物が急激になくなって、すぐに痩せてしまった。畝のまわりの崖や耕作放棄地から草を刈ってきて畝に沢山敷けば、なんとか野菜も育つ。でも厚く敷くための草を崖から持って来るって、すごい量が必要で大変。

この畑に自然に生えてくる草はヨモギがほとんど。真夏に草刈りすると頂上付近はヨモギも生えてこない。ヨモギばっかりで他の草が生えてこない土は、急湿・急乾な場所なんけど、どうしたらいいか分からなかった。パーマカルチャーの映画の取材に来たノブにこの話をしたら、スウェイルという技術を教えてくれた。これまでは粘土質の畑の排水性と通気性を高めるためには雨水をなるべく畝から畑からすばやく逃すのが良いと学んできたのだけど、雨水をその場で地下に浸透させる概念を知った。

スウェイル

スウェイルとは

swale 浸透溝

畝は直線的に作るものという考えから離れて、等高線にそってスウェイル(浸透溝)を掘ると、水は流れが遅くなり、逃げることなく、地中に浸透していく。

溝だけでなく、等高線上に木や石を並べてとても低い壁をつくってもよい。重力に従って垂直に移動しようとする水の流れを水平に展開することで、流れを緩やかにし、地中に浸透する時間を作り出す技術。

そこで図3のように等高線に沿った畝に変えた。あくまでイメージ図。実際こんなお椀を逆さにしたような地形の畑だったら、頂上はどのみち乾燥するので、畝じゃなくて池にするか、作業小屋を建てるか、乾燥に強い果樹を植えると思う。

図3

実際の畝が次の写真1。2本の茶色っぽい溝が、スウェイルの溝。2本のスウェイルの間に細い畝が3つある。

写真1

変化はすぐに表れた。ヨモギが生えてこない。苗の時点では生育に差のあった野菜のその後の成長が揃ってきた。適度に保湿されてるので、イチヂクの挿し木が全部活着した。

これはすごい。

スウェイルは、水を地下に浸透させるのが目的なので、裸にしておいて土が乾いて固まると都合が悪い。また作業道と兼用にしておきたいので土を踏み固めないように、分解しにくい大きめの有機物で埋めた。剪定枝、イガグリ、杉葉、大豆の木、オガクズなど、これまで使い道のなかったものに、利用価値が出来た。これは草抑えもしてくれる。この有機物は何年かして堆肥に変わったら、畝に掘り上げて使う。

それと写真左のスウェイルはキーラインに沿わせた。

キーラインとは

土地の傾斜角度が急に緩やかになる線の最も谷底の地点で、地下水が湧きやすい地点をキーポイントと呼ぶ。キーポイントのちょっと下を中心とした等高線がキーライン。

キーラインに沿ってスウェイルを作ると、表層水だけでなく、地下水の流れも緩やかにし、畑全体に均一に分配できる。

適度な水分と酸素

ところで、なぜ急湿・急乾が土壌によくないのか、Permaculture Home Garden に書いてあった。

これはシートコンポストと呼ばれ、基本的には畑全体を醗酵中の巨大なコンポストように扱うことを意味します。 必要な部分に比較的薄い層を追加して、常在の同僚に残りを任せることができます。 シートコンポストを成功させるには、細菌、真菌、虫、昆虫、脊椎動物など、自己調節するのに十分な種類の土壌生物が十分に住んでいる必要があります。この個体群を維持し、作物がしおれないようにするのにちょうど良い量の水分が必要ですが、それ以上の水分は、彼らを溺死させたり、栄養素を流亡させてしまいます。同じ程度重要なことに、十分な酸素が必要です。十分な水分と十分な酸素の両方を維持する唯一の方法は、厚いマルチで被うことです。これにより、一定の水分レベルが維持され、水やりが最小限に抑えられます。土壌を水で飽和させると、堆肥の山を水で飽和させるのとまったく同じ結果になります。それはすべての好気性の生命を殺し、嫌気性生物のみに適した特殊な環境を作ります。その後、土壌が再び乾くと、嫌気性生物も死んでしまいます。これは、とても素早く土壌生物がすべて死んだ土壌を作る方法です。

Permaculture Home Garden | Linda Woodrow, p.79

スウェイルと普通の畝間の違いは、より広く深いこと。スウェイルは、大地の再生講座の矢野さんの点穴と似ていて、水と、水の動きに伴う酸素を土中深くに取り込む。畝の地下に貯水する。

シートコンポストって、川口さんの自然農の概念と同じ。そう、でもこれをやっても、傾斜がきついと乾燥し過ぎるし、水の勢いで土壌生物群が流されてしまっていると思う。

平地の畑でも、スウェイルは効果があるはず。地下に浸透しない分の雨水は、傾斜地でなくても畑から溢れて土壌を流亡させてしまうか、畑を水浸しにして土壌生物群を死亡させてしまうから。

実際にやってみて、スウェイルを使った畝立ては、適度な湿度、と同時に適度な酸素を、常に保つ効果があるように感じる。

等高線に沿う方法

スウェイルでは等高線に沿って溝や畝を作るって分かったけど、実際にはどうやるのかというと、写真2のような水準器を使う。

写真2

これはA水準器といわれる、頂点から紐で重りを吊るしておいて水平を見る道具。足の長さは同じ。準備として、水平に近い場所で横棒に紐の示す点を記す。足をまったく同じ地点に入れ替えて、もう一度紐の示す点を記す。2つの記しの中間点に目立つように中心の記しをする。畑で、中心の記しをしたところに紐が来る足の置き方のとき、両方の足を結ぶ線が等高線。そこで両方の足に目印の杭を立てる。片方の杭に片足を置いて、これを繰り替えしていくと、等高線に沿った杭の列ができる。(Permaculture: A Designers' Manual, p.234)

溝型のスウェイルを作る場合は、杭に沿って、図4のように土を掘り上げる。

図4

段々畑

出来上がった畑は、傾斜地で昔から行われてきた段々畑だった! えぇっ! オーストラリア発のパーマカルチャーに学んで出来た畑が、日本の山村の普通の、だけど昔ながらの畑!

これまで農の本で、こういう話を読んだことがなかったなー。パーマカルチャーの世界では、めっちゃ有名な概念らしい。農が機械化されるにつれて段々は平らにならされて、1筆の畑の面積が広くなってきたけど、自然農のような機械を使わない農では、1筆の狭い細長い段々畑の方が理に適ってるなー。

常に適度な水分と酸素を含んだ畝に加えて、作業中、移動に上り下りがないので、とっても楽。パーマカルチャーを意識しなくても、里山での暮らしを工夫していたら、自然とパーマカルチャーになっていくんだと思っていた。でもこれは、パーマカルチャー的なデザイン勉強する気になった。出会いに感謝やわー。ノブありがとー。

コオロギによる食害への対処方法

パーマカルチャーの話題をもうひとつ。

写真3

カエルの住処として池を作った。川口さんの自然農では、畝に生えた草や足りなければ崖などの草を刈って、畝に敷き、その場で堆肥化させる。これが、コオロギ大好きな住環境で困る。毎年大勢のコオロギがいて、白菜の苗も、人参の葉っぱも、すごい食べられちゃう。Permaculture Home Garden を読んでいて、カエルを飼えば、っていうか池を作ると勝手に住み着くんだけど、カエルがコオロギめっちゃ食べてくれるよっ、ていう自然共生の技術が紹介されてて、すぐ取り入れた。

カエルが繁殖するのは春なので、来年の準備かなと思っていたけど、ひと雨降ったら、速攻で20匹くらい住み着いた。これはすごい。

そのお陰かどうか、白菜が順調でホッと安心。上手く行きそうなので、水質浄化とカエルの逃げ場確保のために、越冬する水草のマツモを購入して浮かべた。

収穫の秋

コンニャク芋

コンニャク芋は寒さに強いので畑で冬越しできるんだけど、掘って植え替えないと混んでしまうので毎年掘る。大きいのが3年もの。右下端のちっこいのが、今年生まれた鬼子。

長ネギ

長ネギは風に強い牛角型の品種を育種し続けている。

落花生

今年落花生とオクラが発芽しなくて、何度も蒔き直した。落花生は掘ったら、洗って、ネットで1ヶ月軒下乾燥させる。里芋やサツマイモと同じく、乾燥が不十分だとすぐカビてしまう。

高きび

高きび去年は作りすぎたので、少し減らした。減らした分手厚く育てたら、収量があんまり変わらなかった。

小豆

小豆は畑での莢ぼりを今年は1回しかしなかった。あとは株ごと収穫して、まとめて莢を外した。莢が爆ぜないギリギリのタイミングでの収穫が大事。

サツマイモ

柵の保全をしっかりできたので、今年のサツマイモはイノシシに食べられることなく収穫できた。サツマイモは緑化しにくいので、お日様と風に当てての乾燥がしやすい。

冬瓜

冬瓜採れすぎて、困った。10株に80個も成った。来年は3株でいいわ。しかし、痛むのが早い今年は。冬瓜の畝の土壌生物群の量とバランスが悪いのだと思う。困った。半分ニワトリの緑餌だ。

干し柿

庭の柿木2本からで、100個ちょっと吊るした。タイミング良く干せてるけど、こう暑いと再度活発になったスズメバチに齧られる。はやく寒くならんかな。

参考にした本

パーマカルチャーの映画を応援しています

パーマカルチャーを通して、自然と共生する”豊かさ”を見つめる映画。クラウドファウンディングで映画編集に必要な資金を募集中。

日本各地、アメリカ西海岸のパーマカルチャーサイトや持続可能な暮らしを実践してる人々を訪れ、映画を撮っています。随時各地の活動を観て体験できるツアー動画も配信中!

Documentary Film Project - パーマカルチャー ドキュメンタリー映画 プロジェクト

この記事が気に入ったら →

いいネ!

「#自然農」最新記事

自然農の春の畑での工夫 2021-06-01
F1の種子ってなぁに? 2021-04-01
穀物の脱穀の仕方 2021-01-20
ほにょ 2020-11-19
いろいろな穀物をつくる 2020-10-31
踏み込み温床 のち 植物性堆肥 2020-04-12
古代米とお豆のサラダ 2020-03-30
お花見弁当 2020-03-20
早春は切り干し大根の季節 2020-03-09
石臼で小麦を挽いてパンを焼く 2020-02-01