興味はありつつこれまで敬遠してきた梅干し作りだけど、今年は在所の婆ちゃんが「おら梅の木1本取らしてやるよ」と言ってくれたので、思い切って梅仕事。  

材料は、在所で育った梅と赤紫蘇、珠洲の塩。これだけ。  

作り方もシンプル。やってみると簡単でびっくりした。時間は掛かるけど「とにかく梅干しになりました」というレベルであれば、高度な技術は全く必要なかった。こんなに簡単なのに、美味しい梅干しができる。  

秘密は、太陽と風と月と夜露。昼間日光と風で乾燥させて、夜には月光浴をさせて夜露で皮を湿らせ、また昼間に乾燥させる。こうすると皮も柔らかい梅干しになる。  

選定さえすれば毎年生ってくれる梅、海から出来る塩、梅を乾燥させる太陽と風、皮を柔らかくする夜露。 この中に、宇宙が詰まってる

この記事が気に入ったら →

いいネ!

「#パーマカルチャー」最新記事

ペチカを作る。その3。完成 2021-10-14
ペチカを作る。その2。再設計からレンガ積み途中まで 2021-07-12
新作。薪火で調理するオクド2型。 2021-04-13
鶏の雛の買い方、飼い方 2020-04-03
古代米とお豆のサラダ 2020-03-30
お花見弁当 2020-03-20
ここほれコッコ 2019-10-01
ペチカを作る。その1。設計。暖房能力の計算 2019-01-26
闇に揺らめく吊るし柿~~黴びない吊るし柿の干し方 2017-11-01
養鶏を始めた 2017-03-04