自然農で、自分たちで育てた小麦からパンを作ったら、さぞ美味しかろうな。美味しかろうな。

その通り! 美味しいんです。

石臼です。小麦を粉に挽きます。

1回転に6粒ほど。ゆっくりの方が早く細かくなる。

使い込んで艶が出て来た取っ手。

取っ手は、丸いほぞ穴に四角いほぞを叩き込むゴッホの椅子の継ぎ方で作った。

篩(フルイ)に通した1番粉。

篩に残ったものを、もう一度挽く。

挽いたものをまた、篩に通して、残ったものがフスマ。

でもフスマ用でもまだ粗いので、何度か石臼で挽いて、篩って、残ったものがホントのフスマ。篩に通ったもの全部混ぜて、小麦全粒粉の出来上がり。

これはライ麦。ライ麦パンの風味が好き。

はい。

焼けた!

この記事が気に入ったら →

いいネ!

ログイン不要で、いいネ!できます。足跡も残りません。

#自然農 最新記事

春の畑 2022-06-20
秋の畑 2021-11-08
自然農の春の畑での工夫 2021-06-01
F1の種子ってなぁに? 2021-04-01
穀物の脱穀の仕方 2021-01-20
ほにょ 2020-11-19
いろいろな穀物をつくる 2020-10-31
踏み込み温床 のち 植物性堆肥 2020-04-12
古代米とお豆のサラダ 2020-03-30
お花見弁当 2020-03-20