-->

自然農ガットポンポコ

梅の開花で植える作物

2014年03月25日 カテゴリ:自然農

梅の花をまだかまだかと待っていたが、今朝ようやく咲きだした。

梅が咲くとジャガイモを植える。
去年の日記を見ていると15日に咲いていた。
今年はゆっくりだったな。 ┓(´ー` )┏

 
 

3日ほど前からウグイスが上手に鳴くようになったし、そろそろだなと、昨日種芋にするジャガイモを大きなものは切って天日乾燥させておいた。
ジャガイモ種芋を天日乾燥
粉が吹いてる。美味しそう。
 
 

とうことで、定植中

ジャガイモは連作障害が出やすいということだけど、これまでは同じ畝で毎年作っていた。しかし!畑が増えてきたので輪作できるようになったー。やったー( ̄▽ ̄)
ジャガイモ3.種芋アンデスレッド

昨年カボチャを作った畝に1列植えてみたが、さて、

どうも土が湿り過ぎているので、溝を堀り直して高畝にする。ジャガイモは植え時期と排水性が大事。
ジャガイモ1.排水性が悪いので高畝に改造

畝の凹んだところの草を刈って、溝を掘り上げた土を寄せて、鍬で細かく崩す。

あー、腰に来るっ

自然農はこの最初の溝掘り=畝作りだけ、大変(; ̄ー ̄

 

まるで耕したかのような景色になってきたけど、ジャガイモを植える深さまでは耕していないので、植え穴を掘る。

ジャガイモの植え穴はスコップで地面に切れ目を入れて作る。
ジャガイモ2.定植穴をスコップで開ける
ガバッ、ポン、ゴショゴショ。

ジャガイモの植え穴を掘っていると思い出す話

昔、ヨーロッパ人たちがアメリカ大陸を「新大陸」と呼んで入っていったとき、そこに暮らしていた先住民たちをデイガー(穴を掘る人)と呼んで馬鹿にしました。そして、彼らは棒しか持たず、耕作ということも知らない遅れた民だ、と。(辻)
川口由一 + 辻信一 自然農という生き方

私はディガーだなと思いながら、植え穴を開ける。

 
 
 

ところで人間の目は三次元(立体)を認識しない。しかし網膜に写った二次元(平面)の両目での差を計算して、脳内で擬似三次元を構築する能力がある。畝の凸凹を埋める作業をしていると、このことを強く意識する。よくもまあ、こんな複雑な仕組みをもつ生き物が存在できたものだなと、奇跡を感じる瞬間。人間ってすげー
 
 

すばらしい種芋

最後に今年の種ジャガ芋をとらせていただいた、種屋さんを紹介。

浜松市の種苗業・畑懐(はふう)
伝統野菜種子(在来種 固定種)カタログ2014春→http://ameblo.jp/hafuu-kougousei/entry-11775463076.html

送って頂いた「種芋 アンデス赤 ジャガイモ」が、芽の状態が良く、どれも手頃なサイズで感激した。JAやホームセンターのものとは比べものにならないとユカと頷き合っている。流石は種屋かと唸ってしまった。

今年は無肥料無農薬栽培に向く「さやあかね」と、食べておいしかった「アンデスレッド」。大きくなれー

views


畑だより
「自然農」のお便り