-->

自然農ガットポンポコ

2015年09月01日 カテゴリ:作る

作付け縄

雨なので念願の作付け縄を作った。

まっすぐ畝(うね)を作ったり、苗の植え付けをしたりする時に使う道具。

以前どこかのホームセンターにあったんだけど、いざ探すとどこの店にも見当たらない。店員さんに説明しても、どんなものなのかさえ、分かって貰えない。( ̄Д ̄;;。そこで通販を探したらAmazonに木製糸巻き器という名前で売っていた。みみず屋さんでも販売していた。買うか('▽')!

しかし、ふと「作付け縄」をYahoo!画像検索すると、自作した方の記事ばかり。これは、挑戦状。作るしかない。

農家のプライドにかけて、オール木製だ! やってやる(゚Д゚)!。

作り方

  1. まず糸受け部分

    せっかくだから木の自然な曲がりを利用するぜ。

  2. ホゾ組

    カーブの内側が下を向くように万力で固定して、ホゾ穴を開ける。 万力って便利


  3. 次は軸受け部分のホゾ

    ホゾの一辺とホゾ穴の直径は同寸。ホゾを切るノミの作業も万力で固定すると簡単。丸いホゾ穴に四角いホゾを叩き込む。こうすればクサビがいらない。「ゴッホの椅子」の作り方。

  4. しかしそのままだと丸い穴に入らないので、ホゾの先端を丸く削っておく


  5. 叩き込んだところ

    木槌で叩き込む

  6. ホゾ組が4箇所終わったら、軸受けに、心棒を通す穴を開ける

    やっぱり万力って便利。これで糸巻部分の完成。

  7. 次は心棒

    枝又をストッパーにする。ストッパーは平らにカットしておくと、糸巻の回転が良くなる。削って白く見えるところと、枝又の境目の話。これは説明しずらいので、次の写真。

  8. 合体

    心棒の枝又=ストッパー部分と、軸受け部分が平面と平面で接している。心棒側が山形に削ってあると、軸受け部分の丸い穴にに心棒が突き刺さっていって、糸巻の回転が止ってしまう。

  9. 最後に糸巻が心棒から抜けないように、木のワッシャをはめ、クサビで止める


  10. できた。ちょっとゴツいけど。

これで巻き取るのが早くなるぞ。

views


畑だより
「作る」のお便り