能登珠洲での住居がきまり、掃除に大工仕事に悪戦苦闘の毎日が始まりました。

新しいお家は能登半島のほぼ最先端にあり、半島の先端の禄剛崎灯台(狼煙灯台)というところまで歩くと丁度気持ちいい距離です。

床の荒板を張り替えてみたのですが、手をつけてみると、あとからあとからやることが出てきて大変です。古民家に手を入れながら暮らすという、ひとつの生き方を手に入れました。期限を決めずに、ゆっくりと楽しむつもりで取りかかった方がいいんだなあ、と実感してきたところです。

とりあえず古い冷蔵庫をどかしたら、壁の一部が腐って崩れ落ちていて、めげました。梅雨に入る前に大工仕事をすすめたいなあ。

天気の良い日には、縁側でフキやセリやイタドリなど山菜で満載の庭を眺めてほっこりしています。竹の子がなかなか良い味です。

この記事が気に入ったら →

いいネ!

「#作る」最新記事

ペチカを作る。その2。再設計からレンガ積み途中まで 2021-07-12
新作。オクド2型。薪火で調理するオクド。 2021-04-13
穀物の脱穀の仕方 2021-01-20
オクド1型。版築で作ったオクドを1年使ってみて 2020-08-01
能登産の木材で踏み天井用の板作ったよ! 2020-02-12
貝灰できた 2019-08-22
珪藻土煉瓦もアサヒキャスターも消耗品です 2019-08-21
チェーンソーが片方に切れ込んで行く理屈と直し方 2019-05-01
Cob House 藁版築 light straw clay 2019-04-01
1型。オクド築炉中 2019-03-21