能登里山マイスターにて、ジョン・ムーアさんの講義に参加しました。

農業を考えるとき、普通は商品作物をどう作ってどう売るかというところに目が行くと思います。しかし、他にも意味があった。ジョンさんの話を聞いて、100%オーガニックという哲学を体験する場としての農業というものに、誇りと、可能性を感じました。

自分の庭

やってみてください。自分の手で土を触ってください。

ということを繰り返しおっしゃっていました。人に言われるがままではなく、自分で試行錯誤して、自分だけの庭をつくる。

自分の庭は宇宙だと。

自然に任せる

自然は人間より長いこと生きてきた存在で、人の手を借りなくても生きていける。人間は問題を作ります。一番簡単な栽培の仕方は、いろんな種を草むらに蒔いて、草を刈敷く。終わり。

自然の中で植物が自ら生きる場所を選んで、強いDNAのものが勝手に生き残っていく。

虫対策

作物には虫がつきます。ジョンさんの提案する虫対策は2つ。

沢山植える

沢山植えます。虫に食べられてもいい分の作物も余計に植えます。虫に食べられなかったものは、その土地のその環境で強い、生き残れるDNAという可能性が強いです。

ニンニクと酢のスプレー

スプレーボトルにスライスしたニンニクと酢を入れて半日間お日様の下。これをシュッとかけると虫が逃げて行きます。沢山かけると植物も弱るのでどうしようもない時だけ使ってください。

混植

畑に一つの植物だけというのは、不自然です。いろんな種を草むらにまいて、自然が勝手に調和を作ります。

自分で作って自分で食べる畑なら、これで充分だし、こんなに気持ちのいいことはない、と思った。

この記事が気に入ったら →

いいネ!

「#自然農」最新記事

自然農の春の畑での工夫 2021-06-01
F1の種子ってなぁに? 2021-04-01
穀物の脱穀の仕方 2021-01-20
ほにょ 2020-11-19
いろいろな穀物をつくる 2020-10-31
踏み込み温床 のち 植物性堆肥 2020-04-12
古代米とお豆のサラダ 2020-03-30
お花見弁当 2020-03-20
早春は切り干し大根の季節 2020-03-09
石臼で小麦を挽いてパンを焼く 2020-02-01