田んぼで田植えをしてると、毎日いろんな人が訪れてくれます。「おー、うまそでこなっとるわ。頑張れ、頑張れ。」と、皆さん励ましていってくれます。変わった田んぼのやり方やっとるみたいやったけど、ついに田植えまでこぎつけたかと。在所の皆さんには、小林家の田んぼについて心配させっぱなしですが、田植えを始めると、割とホッとしていただけているようです。良かった。

  苗代から鍬で苗を取り出して、ソリで運んでいます。[]ホームセンタームサシ[]では、なぜか春先でもソリを販売していて助かりました。

  </a> ロープにつけた結び目を目印に、1本づつ植えていきます。分蘗を沢山する稲本来の姿を得るために1本植えをしています。厳選して植えているつもりですが、写真をあとからみると生育にばらつきがありますね。

  測って植えているので、縦のラインがビシッと出ます。気持ちいいですね。

  対角線のラインはいまいち。大工にはなれねえな。

  モリアオガエルの卵をこちらの方言では「ガット((ガット:カエルの意。))の泡」。モリアオガエルはニホンアマガエルやトノサマガエルと違って、昼間でもよく鳴きます。田植えを応援してくれてます。    

夫婦2人で1日に植えられる量が予定よりも少なくて、9畝の田んぼに植え終わるのがいつになるのか、計算したら気が遠くなりました。ちきねー。ま、やってれば、いつか終わります。サンチャゴ巡礼と同じだわけの。    

早乙女が総出で歌を歌いながら田植えをする様を想像して、いい景色だな、と思っていたのですが、実際は足腰がたたなくなるほどの重労働です。このまま腰が曲がってしまうんではないかと思います。

早乙女の月負へば畔細るなり - 庄司圭吾 『早乙女は、田植えをす乙女のこと。それ以外の意味はない。』『この句は田植えが労働であることに触れている。夜になり、もはや畔(あぜ)もそれと認められないほどに細く感じられるなかで、はつかな月光を頼りに植える女たちの必死の労働に、よく呼応している。』 増殖する俳句歳時記

 

「自然農」最新記事

穀物の脱穀の仕方 2021-01-20
ほにょ 2020-11-19
いろいろな穀物をつくる 2020-10-31
踏み込み温床 のち 植物性堆肥 2020-04-12
古代米とお豆のサラダ 2020-03-30
お花見弁当 2020-03-20
早春は切り干し大根の季節 2020-03-09
石臼で小麦を挽いてパンを焼く 2020-02-01
冬水田んぼ、やってみるかって(笑い 2020-01-15
我が家に犬が仲間入り 2019-09-02