能登里山マイスター同級生の谷川君が、無農薬の田んぼの稲麹が欲しいとショドマチを訪れました。醤油や味噌の種として使ってみたいということみたいです。雑多な菌の集まりらしく、ここから使いたい菌を取り出す方法は分からないんですけどねー、と言っていました。

稲麹(いなこうじ)

最近の農業では厄介者扱いされています。肥料分の多過ぎた、日陰になる田んぼで発生しやすい稲こうじ病と言われる稲の病気です。 在所のお母さんによると、昔はそんなもん気にもせんかったけど、今は稲刈り前に消毒してるみたいです。 肥料をあげていない自然農の田んぼでは、あまり発生しないのではないか。さて、ありますかねー。

と言っているうちに、一つありました。

稲麹をわざわざ採りに来たもんがおると聞きつけて、在所の父ちゃんも探しに田んぼに入ってくれました。父ちゃんによると、1個あったらその周りにも何個かあるらしいのですが、1個しかなかったです。田んぼをぐるっと回ってみたけど、他にはない。やっぱり無肥料の田んぼではあまり出ないみたい。

稲穂が枯れて来ました。稲麹がつかない、健康的?なお米だぞー。

 

「作る」最新記事

穀物の脱穀の仕方 2021-01-20
作ったオクドを1年使ってみて 2020-08-01
能登産の木材で踏み天井用の板作ったよ! 2020-02-12
貝灰できた 2019-08-22
珪藻土煉瓦もアサヒキャスターも消耗品です 2019-08-21
チェーンソーが片方に切れ込んで行く理屈と直し方 2019-05-01
壁を作った。藁版築 light straw clay 2019-04-01
オクド築炉中 2019-03-21
ペチカの設計図を書く 2019-01-26
Cob House 建築中 2018-03-24