実り

助っ人

実家から両親が手伝いに来てくれました。

  収穫 母です

  親子 親子です

稲架掛け

在所の方に立派な稲架をお借りしました。感謝。 稲架掛け 人生初の稲架掛。どういう結び方ならば、解けないでしっかりと稲架に掛けられるか。稲束の結び方が、稲架に掛けるときになって始めて意味を持ちました。やり直しもチラホラ。

下草

稲を刈った跡です。下草が予想よりはるかに少ない。もっと生えていてくれる予定だったのですが、はて。それだけ稲が勝っていたということでしょうか。 下草

稲作は、初めてのことを一発勝負で行っているので、行事ごとにとても緊張します。育苗も、田植えも、水遣りもそれぞれに緊張しました。いろいろな方が助けてくださるお陰で、なんとかここまでこられました。

10株を選んで主茎粒数と穂数を計測。まずまずの出来栄えのような気がします。 「平均主茎粒数:151.2 平均穂数:29」

これから約2週間稲を干して脱穀・籾摺りをしたら、ようやくお米が食べられます。どんな味がするのやら、今から楽しみです。

 

「自然農」最新記事

穀物の脱穀の仕方 2021-01-20
ほにょ 2020-11-19
いろいろな穀物をつくる 2020-10-31
踏み込み温床 のち 植物性堆肥 2020-04-12
古代米とお豆のサラダ 2020-03-30
お花見弁当 2020-03-20
早春は切り干し大根の季節 2020-03-09
石臼で小麦を挽いてパンを焼く 2020-02-01
冬水田んぼ、やってみるかって(笑い 2020-01-15
我が家に犬が仲間入り 2019-09-02