素材

デザインは自然の中に溢れてる

才田 春光

私は山や畑や海に行っては、いろんなものを拾ってきます。拾うときはすげぇカッコイイと思って持ってくるけど、玄関に置いてはおくけど、でもこれって何にもならないと思ってた。

春光さん。 同じ様に自然の中からデザインを見つけて、しかし作品にしてる人。 嬉しくなった。

自分が抱えてた「何か」が、ここでは出口を持ってる。人に伝えられるようになってる。嬉しいなー。

カッコイイと思うことを人に伝えられないのって、ストレスなんだよな。いつもモヤモヤしてた。春光さんの作品に、自分にも何かできるかもしれないと、突破口を見た。

ブログに載せる許可を得てギャラリーで写真を撮らせてもらった。すっごい、すっごい楽しかった。

同じものだけをひととこに集めたり、 違うものだけを一つにつなげたり、 形を抜き出したり、 新しい形で固定したり、 吊るす たんぽぽ みかん もみじ はんこ 吊るす それぞれ何なのか、分かりますか?正解はギャラリーで。(≧∇≦)ノ彡

ギャラリー&カフェ「光水土」:  金沢市中川除町51  076-224-3730 http://www.peelart.com/

人は「形」に弱いのかも知れない。

クシャクシャに剥いたミカンの皮を渡されたらゴミを渡されたと思う。でもハートの形にしたミカンの皮は嬉しいと思う。

才田 春光

ピールアートの写真撮り忘れてしまった。また今度伺う口実にしよう。

この記事が気に入ったら →

いいネ!

ログイン不要で、いいネ!できます。足跡も残りません。

#作る 最新記事

日本での'earth building'(土造り住宅) 2022-05-14
ロフトを造る 2022-04-03
地球で生きていくために炭を焼こう 2022-03-01
薪火の床暖房いろいろ 2022-02-05
ペチカその3。完成 2021-10-14
農家の手仕事。野良着を縫う 2021-08-13
ペチカその2。再設計からレンガ積み途中まで 2021-07-12
オクド2型。薪の炎で調理する。新作。 2021-04-13
Cob House コブの家 建築中 2021-03-27
穀物の脱穀の仕方 2021-01-20