金澤町家巡遊は、金沢市街地の古い町家を舞台としてあちこちで同時多発的に開催されるイベント。材木町では「町家巡遊✖材木町」と銘打ち、ねんどスタジオさんの「生活巡遊商店」、金沢町家巡遊企画の「ひょっこり小屋のみの市」などが開催された。

ご縁あって、ねんどスタジオさんの生活巡遊商店に出店させていただいた。初のイベント出店が叶った。

甘いトマトのオイル漬け

  半島のとっぱなに1年中吹き渡る「あいのかぜ」と呼ばれる潮風が、トマトやナスのような果菜類を甘く、甘ぁくしてくれる。「甘いトマトのオイル漬け」は、自然農で育てた旨みたっぷりのミニトマトを乾燥させて、ローズマリーと珠洲の揚げ浜塩をアクセントに、なたね油で漬け込んだ。

美味しい食べ方 巡遊商店で買って頂いたお客様!1週間程おいてからが食べ頃です!日が経つにつれて、トマトが油となじみ、旨みが強まっていくのを楽しめる。

いい薫りのバジル

  バジルってなんでこんなにいい薫りなんだろうと、幸せとともに感じる。イライラした時は瓶の蓋をそっと開ける。「いい薫りのバジル」は、今が盛りのスィートバジルを、薫りが逃げないように乾燥して瓶に詰めんだ。

食べ方 パスタの具、ビザのトッピング、魚や肉のグリルで香味づけに。

三茶

  日本のいたるところに自生している和ハーブ、「ヨモギ」「ドクダミ」「スギナ」。健胃・整腸・老化防止・冷え性改善など効能のあるお茶になり、効能以上に身近に採れる自然の恵みで毎日飲むお茶が作れるということが素敵。「三茶」は、飲み易いように、それぞれ焙煎してブレンドした。いつまでも残る程良い後味がおいしい。

飲み方 2g(1掴み)の三茶を、1Lの水に放し、沸騰させる。弱火にして10分煮出す。冷めても美味しいです。

吊るしトウガラシ

  トウガラシやエビの乾燥・保存のために、藁を編んで吊るす農村のちょっとした技。トウガラシの赤い色と辛い味は、魔避けにもなる。風通しのよい日陰や、キッチンの片隅に、吊るして保存。

反省

いくつかの理由から出店を見送った生野菜、思いの外に要望が高かったのも、生野菜、だった。ねんどスタジオの店主からは、石川県内では小林農園の取り組むような自然農の野菜というのは、まだ珍しく、とても楽しみにしていらしたお客様も多かったと聞かされた。

まだ未熟なわたしたちの畑。1度にお持ちできる野菜が少なく、保存が出来る加工品でなんとかしようと頑張ったが、みなさんのご期待には添えなかったな。さらに精進いたします。(゚Д゚)^

しかし、私達の野菜にご期待いただいている方が沢山いらっしゃるということに、大変な元気をいただいた。

また、この機会に作らせて頂いた加工品はとてもいいものになった。私の1番のお気に入りは「三茶」。後味がいつまでも本当に美味しい。ほっー、( ´∀`)

加工品作りという経験、イベントへの出店という経験をいただいたねんどスタジオの中田さんに感謝する。

  ねんどスタジオ かなざわ町家

「自然農」最新記事

ほにょ 2020-11-19
いろいろな穀物をつくる 2020-10-31
踏み込み温床 のち 植物性堆肥 2020-04-12
古代米とお豆のサラダ 2020-03-30
お花見弁当 2020-03-20
早春は切り干し大根の季節 2020-03-09
石臼で小麦を挽いてパンを焼く 2020-02-01
冬水田んぼ、やってみるかって(笑い 2020-01-15
我が家に犬が仲間入り 2019-09-02
穴を掘って埋めるだけ、じゃない 2019-03-01