いきつけの古道具屋で行火(あんか)を見つけた

と書くと、偶然に出会ったかのようだが、2年通ってやっとお目にかかれたというのが本当。

行火が欲しかった。

陶製の、炭火を入れて使う古道具。

  • 熱くなり過ぎないように設計された中空の蓋を持つ火鉢。
  • 蓋を閉めても中の炭は、小窓から入る酸素によって少しずつ燃焼し続ける。
  • 炬燵(こたつ)の中に入れても安全で、かつ長く暖をとれる。
  • 囲炉裏のような構造をしつらえなくても、やぐらと布団さえあれば炭炬燵が
    できる逸品 (`・ω・´)ゞ

薪ストーブで十分じゃね?

朝一番で薪ストーブに火をおこして暖をとる。でも日中は部屋にいないことが多いって?そんなときは、太い薪を入れて空気を絞っておく。こうするとやんわりと燃えるから帰ってきたときにも暖かい。

しかし、人がいない部屋全体のために薪を使い続けるのは、もったいない。そこで行火を使う。薪ストーブの中で勝手にできた熾炭を行火へ。帰ってきたら炬燵へ足を滑らす。

部屋にいるけど机に向かってじっとパソコンの仕事、なんてときにも行火がいい。部屋を暖めるには時折薪を足さないといけないけど、行火なら3~4時間熾炭だけで暖かい。

難点

背中が寒いことと、1酸化炭素の匂いがすること。

→ 背中は厚着をする。

→ 1酸化炭素は、隙間だらけの我が家では実はあまり気にならない。

使ってみる

蓋を開けるとこう

底に灰をたっぷりと敷き詰めて、その上に熾炭(おきずみ)を置く。

 

はーっ、足元ぽっかぽかーっ。

 

そして夜。薪ストーブは消えたが、行火は絶頂期。コタツが気持ち良すぎて出られない。(T▽T)!

 

この記事が気に入ったら →

いいネ!

「#作る」最新記事

ペチカを作る。その2。再設計からレンガ積み途中まで 2021-07-12
新作。オクド2型。薪火で調理するオクド。 2021-04-13
穀物の脱穀の仕方 2021-01-20
オクド1型。版築で作ったオクドを1年使ってみて 2020-08-01
能登産の木材で踏み天井用の板作ったよ! 2020-02-12
貝灰できた 2019-08-22
珪藻土煉瓦もアサヒキャスターも消耗品です 2019-08-21
チェーンソーが片方に切れ込んで行く理屈と直し方 2019-05-01
Cob House 藁版築 light straw clay 2019-04-01
1型。オクド築炉中 2019-03-21