松家さんから頂いた丸莢の、大きくなっても柔らかいオクラ。我が家に来てから今年で3代目の種下ろし

今年は一昼夜浸水してから種を下ろした もう発根してる    

3年の間に畑の様子も随分変わってきた

3年前の春は、ヨモギの森

今年 夏野菜を下ろしていくこの時期にカラスノエンドウがワンサカ茂るようになってくれた。ということを書くと、化成肥料と農薬で野菜を作る人はびっくりするだろうな。私はカラスノエンドウ大好き。マメ科のカラスノエンドウは根に根粒菌がついて窒素固定をしてくれるので、緑肥作物として最高だ。柔らかく細くて敷草にもいいし、ワンサカ物量が多くて堆肥化もしやすい。

さらに、、 食べれるらしい

カラスノエンドウは山菜としてクセもなくて美味しい。天ぷらも良いがやや個性に欠ける。おひたしでよく食べていた。下の硬い茎の部分をちぎって先の柔らかい部分だけを30秒くらい塩茹でして出来上がりだ。ゴマあえが美味しい。若いサヤ豆も野生のキヌサヤだと思えば良い。豆科の植物は全て食べられ、コクがあって旨いものが多い。何処でも生い茂るクズの若葉も食べられるが、クズのツルの天ぷらの旨さはタラに匹敵する。 美味しく食べるカラスノエンドウとレンゲ|野人エッセイす

えっ ちょっとまって グズバフジのツルって美味しいのか!!!!畑に沢山出るぞ(;゚д゚)ゴクリ…

 

「自然農」最新記事

穀物の脱穀の仕方 2021-01-20
ほにょ 2020-11-19
いろいろな穀物をつくる 2020-10-31
踏み込み温床 のち 植物性堆肥 2020-04-12
古代米とお豆のサラダ 2020-03-30
お花見弁当 2020-03-20
早春は切り干し大根の季節 2020-03-09
石臼で小麦を挽いてパンを焼く 2020-02-01
冬水田んぼ、やってみるかって(笑い 2020-01-15
我が家に犬が仲間入り 2019-09-02