居間に置いて保存していたサツマイモを、ネズミが食べに来た

よくある、取っ手用に穴が開いたタイプのダンボールに入っていたのが、奴には好都合だったんだな。穴を広げるようにしてダンボールをかじって、サツマイモを外へ引っ張り出して食べているみたいだ

静かに食べてくれればいいんだけど、あまりにうるさい。眠れないので、ダンボールごと外へ。玄関の屋根の下に置いた

でも、それからは食べられていない。不思議だ

奴が最初にサツマイモの存在に気づいたときは、どうやって見つけたんだろう。夜中に家中走り回っていることがあるから、しらみつぶしに探してるんだろか。一旦覚えたら、その近辺を重点的に何度も何度も探し回っているように思う

でも、ガラッと場所が変わると、どうも見つけられないみたいだな。なんとなく、そんな感じがする

それから、米袋に入った籾米には一切手をつけない。これも不思議だ

ネズミ捕りを仕掛けたり、家中の柱を叩いて回ったりしたけど、効果なし。どっちかっていうと、ネズミが食べ物を見つけられないような状態にするとか、固い容器に入れておくのがいいんだと思う

ネズミは、どうしたって存在しているので、たまに家の中にやってくるのはしょうがない。で、日記を読み返すと、毎年6月にネズミがうるさくて寝られないと書いている。だから、5月になったらイモや豆の保存状況を、確認したらいいのだと思う。その頃にイモ類は、芽が出たり、腐ってきて食べられなくなってくるから、さっさと食べるようにしよう

来年のカレンダーに書いとこっと

 

「自然農」最新記事

穀物の脱穀の仕方 2021-01-20
ほにょ 2020-11-19
いろいろな穀物をつくる 2020-10-31
踏み込み温床 のち 植物性堆肥 2020-04-12
古代米とお豆のサラダ 2020-03-30
お花見弁当 2020-03-20
早春は切り干し大根の季節 2020-03-09
石臼で小麦を挽いてパンを焼く 2020-02-01
冬水田んぼ、やってみるかって(笑い 2020-01-15
我が家に犬が仲間入り 2019-09-02