今年の11月はなんと雨の日が多いんだろうか 大豆を干したいが、晴れの予報が3日と続かない 1ヶ月前に大豆を干した在所の人も、ぜーんぜん乾かないと言っている

結局、今年はハウス内に稲架を組んだ こ、これは、 いい感じだ これなら、晩生の大豆でも乾燥の心配がいらんわー 毎年こうしようかな

ふと足元を見ると、大豆が1株生えている おや、これは ハウス栽培の大豆ではないか

余った種豆を実験でハウス内に降ろしたものが、1株、度重なる草刈りを逃れて、見事に成長していた 畑となんら変わらない自然農の大豆 ハウス内ってことだけが違う 肥料っ気なんてほとんどない なんに、 今年の大豆の中で1番の出来なんだけど( ̄Д ̄;; 面白いなー

来年からは、これか(;゚д゚)! 沢山作っちゃうと、虫が来るんだろうと思うけど 実験してみるのはいいかもしれない

この記事が気に入ったら →

いいネ!

「#自然農」最新記事

自然農の春の畑での工夫 2021-06-01
F1の種子ってなぁに? 2021-04-01
穀物の脱穀の仕方 2021-01-20
ほにょ 2020-11-19
いろいろな穀物をつくる 2020-10-31
踏み込み温床 のち 植物性堆肥 2020-04-12
古代米とお豆のサラダ 2020-03-30
お花見弁当 2020-03-20
早春は切り干し大根の季節 2020-03-09
石臼で小麦を挽いてパンを焼く 2020-02-01