立春を迎えた。

あいにくと今日から1週間ほど能登は雪の天気だが、立春というだけでうきうきする。早朝から飾ろうと思って、昨晩のうちに立春大吉の藁細工を作っておいた。

「立春大吉」は、1年を24分割する二四節季の第一番目「立春」の日、家の柱や門柱に貼る厄除けの札。曹洞宗などで使われているみたい。禅の心得はないけど、見た目が好きなので採用(≧▽≦)。藁縄をなってみたけど、継ぎ方が分からず、だだくさになってしまった。在所のばあちゃんに習わねば。ユカには「可愛い」と好評だったので良しと。

さあて、そろそろ1年を始めるかのー

 

この記事が気に入ったら →

いいネ!

「#作る」最新記事

ペチカを作る。その3。完成 2021-10-14
農家の手仕事。野良着を縫う 2021-08-13
ペチカを作る。その2。再設計からレンガ積み途中まで 2021-07-12
新作。薪火で調理するオクド2型。 2021-04-13
穀物の脱穀の仕方 2021-01-20
オクド1型。版築で作ったオクドを1年使ってみて 2020-08-01
能登産の木材で踏み天井用の板作ったよ! 2020-02-12
貝灰できた 2019-08-22
珪藻土煉瓦もアサヒキャスターも消耗品です 2019-08-21
チェーンソーが片方に切れ込んで行く理屈と直し方 2019-05-01