冬と夏の2回、田畑では無数の草々が死んで横たわる。冬に入る前にたくさんの小動物の姿が見えなくなる。死んでいくのです。あるいは鳥がお米をついばむ。夜になると巣に帰る。青虫がキャベツを食べている。小鳥が小さな虫を食べている。殺された小動物が枯れ枝に突き刺さっている。今、蛇が蛙を呑み込んだところ、、、。その行為すべてが、今生きていることに他なりません。人もまた、いのちあるものとして、今いきている田畑に立つのです。

自然農という生き方

この言葉がこころに響き渡り続けていた。 田畑で仕事をしていると、声は聴こえるけど姿の見えない鳥が沢山いる。 だんだんと、鳥の声が気になってきた。 季節の鳥の名前を知りたい。 あの声なんて鳥だろう。     ということで 買った。ハンディ図鑑「山野の鳥」 と声のわかるCD あはは、こんな鳴き声の鳥いるんだー。とか言いながら日夜勉強中。 今までは合唱BGMだったのが、それぞれの鳥の独唱に聴こえ出した。 シジュウカラ、カワラヒワ、キジ、ウグイス、ホトトギス、ヒヨドリ、ツツドリ、イカル、クロツグミ、アオバト、 こんなに沢山の鳥いたのかー     身の回りにいる生き物のことを知ると、生きているのは私だけ人間だけではないという感じがする 美しいさえずりに名前を見つけては、楽しい気持ちになる こういうところに日々の彩りがあるのかと実感して、世界が広がったというか、厚みを増したという感覚     うわー、 これは楽しいなー ゲド戦記の名前の力みたいに、鳥寄せできたらどうしようーヽ(´▽`)ノ

「自然農」最新記事

穀物の脱穀の仕方 2021-01-20
ほにょ 2020-11-19
いろいろな穀物をつくる 2020-10-31
踏み込み温床 のち 植物性堆肥 2020-04-12
古代米とお豆のサラダ 2020-03-30
お花見弁当 2020-03-20
早春は切り干し大根の季節 2020-03-09
石臼で小麦を挽いてパンを焼く 2020-02-01
冬水田んぼ、やってみるかって(笑い 2020-01-15
我が家に犬が仲間入り 2019-09-02