最近のゲリラ豪雨は本当に厄介だな

昨日の大雨で我が田んぼに被害が出た

  川から水を引き入れている水口の惨状 普段はここから田んぼの中の江川を通って給水されるのだが、どこが何だかもはや分からん

  江川を通らずに畔を乗り越えて濁流が溢れかえっていたらしく、水口周辺が土砂で埋まってしまった。江川もだいぶ埋まっているので、水位が畔ギリギリまで上がっている     水口あたりの地形が何だか変だと思っていたが、どうやら、何度もこうしたことがあったのだな     絶望する気持ちを何とか落ち着かせて、稲を掘り起こし、江川の土を掘り上げる

上手に諦めて、受け入れる気持ち

その上で、今できることを、着実にやる毎日     追記:8月7日 後からこういう土が苗作りの土にとても良いという話を聞いたが、今となっては草が生えてしまって土だけ取り出すということができない。勿体ないことをした。

「自然農」最新記事

穀物の脱穀の仕方 2021-01-20
ほにょ 2020-11-19
いろいろな穀物をつくる 2020-10-31
踏み込み温床 のち 植物性堆肥 2020-04-12
古代米とお豆のサラダ 2020-03-30
お花見弁当 2020-03-20
早春は切り干し大根の季節 2020-03-09
石臼で小麦を挽いてパンを焼く 2020-02-01
冬水田んぼ、やってみるかって(笑い 2020-01-15
我が家に犬が仲間入り 2019-09-02