明るい小雪が舞う空の下、納屋の中では農家の冬仕事が着々と進む。お世話になっている古民家レストランから御注文頂いた注連縄。旧家の神棚ってなんて立派。注連縄もやはり大きく、六尺の大物なので二人掛かりで作る。

上が練習用で下が納品用。1年に1、2回の仕事なので毎回忘れる。練習用は「ヤッパリな」という出来栄えだけど、折角なので我が家の神棚に使おうか。

材料は自然農のモチ藁100%。モチを初めて作ったら、噂に聞く青くて長い藁に育った。こ〜れは藁細工に向いてる。

 

今年は圃場整備後の田んぼ。つまりよく耕した、亡骸の層のない田んぼで、自然農の稲作が通用するのか心配だった。けど稲というのは本当に日本の気候にあって、強く生きる植物だ。農夫の心配をよそに立派に育ってくれた。逆に背が高くなり過ぎて倒れ、土に着いた穂が随分落ちてしまった割には、よく穫れたように思う。

ありがとうございました。来年も楽しく健やかに稲作ができますように。

 

参考までに、平成二十六年度の収穫 籾米の一番桶

品種 作付け面積
カグラモチ 二俵 一斗 三畝
若草モチ 一俵 四升 三畝
古代米 赤モチ 二斗 二畝
古代米 カンクロ 三斗 三升 二畝
古代米 黒米 六升 二畝
古代米 香り米 一斗
古代米 カンタン 八升
イセヒカリ 六升 不明

 

さて、注連縄を納品して「わー立派!」と喜んでいただいたのも束の間電話が。「撚りが逆なんだけど、作り直せる?」 (;゚д゚)ハッ!?

あれまー、やっぱり忘れてる。お宮まで見本を見に行ってから作ればよかったぁー。ということで、作り直し、さらに立派なのができた。1本作るごとに、分かってなかったことが分かって上手になってきた。来年はもっと立派になるなヾ(▽⌒*)

この記事が気に入ったら →

いいネ!

「#自然農」最新記事

自然農の春の畑での工夫 2021-06-01
F1の種子ってなぁに? 2021-04-01
穀物の脱穀の仕方 2021-01-20
ほにょ 2020-11-19
いろいろな穀物をつくる 2020-10-31
踏み込み温床 のち 植物性堆肥 2020-04-12
古代米とお豆のサラダ 2020-03-30
お花見弁当 2020-03-20
早春は切り干し大根の季節 2020-03-09
石臼で小麦を挽いてパンを焼く 2020-02-01