富山八尾の石黒さんちへ、年末恒例の餅つき大会。

これまで何度お邪魔しても、お裾分けをいただくばかりだった。

今年はガットポンポコで初めて育てた餅米を持って、おいしいお餅を搗いて来た。若草モチとカグラモチをそれぞれ玄米餅に搗いて食べ比べ。

自分たちで育てた米が、臼の中で餅になっていくのは、とても幸せな時間だったなー。

冷やかして、蒸して、杵と臼で搗くだけで、餅になるって、不思議だなー。

大根下ろし餅、納豆餅、草餅、とち餅、豆餅に、漬物や煮しめや、かぶら寿司。猪が獲れたってんで、捌くのを手伝って半身をいただいた。2メートル積もった雪の中で雪大戦に大はしゃぎ。

あー、幸せ。

 

ところで、石黒さんちの便所に貼ってある、この書が好きだ。

地球は人間だけのものではない

目に見えない

もろもろのものにいたるまで

共生し

人間は

その一部でしかない

目に見えるもの目に見えないものに感謝して、ことしの恵みをいただきます。

餅ウマ (;゚д゚)ー!

この記事が気に入ったら →

いいネ!

「#自然農」最新記事

自然農の春の畑での工夫 2021-06-01
F1の種子ってなぁに? 2021-04-01
穀物の脱穀の仕方 2021-01-20
ほにょ 2020-11-19
いろいろな穀物をつくる 2020-10-31
踏み込み温床 のち 植物性堆肥 2020-04-12
古代米とお豆のサラダ 2020-03-30
お花見弁当 2020-03-20
早春は切り干し大根の季節 2020-03-09
石臼で小麦を挽いてパンを焼く 2020-02-01