とても臭くて、なぜかハエを寄せるというコンニャクの花。

 

さて植えるかと、貯蔵していたダンボール箱を開けたら、中で花を咲かせていた。

でも臭くない。アレ? ( ゚д゚)

コンニャクは花が咲いたら、子芋だけつけて、その一生を終えると聞く。

どうなるか、とりあえず植えたけど、これから臭くなるんだろうか。

不思議な生き物だなぁ。

「自然農」最新記事

穀物の脱穀の仕方 2021-01-20
ほにょ 2020-11-19
いろいろな穀物をつくる 2020-10-31
踏み込み温床 のち 植物性堆肥 2020-04-12
古代米とお豆のサラダ 2020-03-30
お花見弁当 2020-03-20
早春は切り干し大根の季節 2020-03-09
石臼で小麦を挽いてパンを焼く 2020-02-01
冬水田んぼ、やってみるかって(笑い 2020-01-15
我が家に犬が仲間入り 2019-09-02