珈琲焙煎器が3号になった。

我が家の焙煎器は、缶カンに穴を開けておいて、手で振るもの。以前参考にしたのはこちら↓ 手作り焙煎機の作り方 | フレーバーコーヒー

 

2号は矢印んところに、豆がひっかかってしまって、焦げ付いていた。焦げ付きって、さらなる焦げ付きを呼ぶよね。部分的に極度に焦げて、もう焙煎じゃないし。焦げに焦げて炭状態、焙煎したい残りの豆は生っぽいままというドツボ。

深煎りにしたくて、穴の数を闇雲に増やしたのが間違いのもとだった。缶の内縁と穴の位置が近すぎるんだろうなと思いつつ、珈琲になりきれていない珈琲を飲むこと数ヶ月。cafe遊帆でロキに泣きついて(TдT)、教えていただいてきた。

改良点は、穴の大きさと位置と開け方。火力を維持しながら、こんどは極力豆が引っかからないようにした。

わー!ロキさーん!これで珈琲になったよー!あ( ̄○ ̄)り( ̄◇ ̄)が( ̄△ ̄)と( ̄0 ̄)う( ̄ー ̄)b!!

この記事が気に入ったら →

いいネ!

「#作る」最新記事

ペチカを作る。その3。完成 2021-10-14
農家の手仕事。野良着を縫う 2021-08-13
ペチカを作る。その2。再設計からレンガ積み途中まで 2021-07-12
新作。薪火で調理するオクド2型。 2021-04-13
穀物の脱穀の仕方 2021-01-20
オクド1型。版築で作ったオクドを1年使ってみて 2020-08-01
能登産の木材で踏み天井用の板作ったよ! 2020-02-12
貝灰できた 2019-08-22
珪藻土煉瓦もアサヒキャスターも消耗品です 2019-08-21
チェーンソーが片方に切れ込んで行く理屈と直し方 2019-05-01