猪は代掻きすっことを知っとるらしい。江川の水量が少ないので水源を見に行ったら、谷地の奥の遊休田が、田植えするばっかりになっとって驚いた。谷から出たとこの広田に今年電気柵を張り巡らしたら、谷地の方が余計に荒れてきた。

しかし畦まで耕したらいかんやろう。江川と田んぼと、その隣の田んぼまで、耕して耕して一枚の田んぼになってしもとるじゃ。どうりで江川に水が来んわけだ。ほとんど代掻きに使われてしもとる。この一面の光景が、まさしく猪が泥浴びを行う場所「沼田場(ヌタバ)」。

どうすっかな。江川を作り直すかなとしばらく立ちすくんだあとで、閃いた。このまま棚田だと思って、水たまりになった田んぼの水戸から水を落として、緊急対応。

さて、今年の冬は土木工事だな。江川を深く掘って、しっかりと乾燥させ土を固くする。百合や葛の根があると食べにほじられるので、まめに草刈りをする。大変だけど、猪と付き合ってくにはそのくらい必要だろうな。

「自然農」最新記事

ほにょ 2020-11-19
いろいろな穀物をつくる 2020-10-31
踏み込み温床 のち 植物性堆肥 2020-04-12
古代米とお豆のサラダ 2020-03-30
お花見弁当 2020-03-20
早春は切り干し大根の季節 2020-03-09
石臼で小麦を挽いてパンを焼く 2020-02-01
冬水田んぼ、やってみるかって(笑い 2020-01-15
我が家に犬が仲間入り 2019-09-02
穴を掘って埋めるだけ、じゃない 2019-03-01