今年も、八尾の石黒さんちで芋煮会。

  新しい犬が来てた。 「くろ!」「(...)」 「らんちゃん!」「(なに?)」 若いわーヽ(´▽`)ノ

 

石黒さんちに行くと、自然生活の知恵や美味しい料理という楽しみが沢山あるんだけど、私にとっては完二さんとの対話から勉強することも大きい。

完二さんにある記事を紹介されて、読ませていただいて、早速批評をしたらこっぴどく突っ込まれた。

「我を持ち込むのは、一度置いておいて、書いてあることを読みませんか。」

「でも、僕のところではこうですもん。」

「今僕が、それは置いてとお願いしたのに、やはり我を持ち込んで来るね。」

完二さんが言わんとするところが腑に落ちるまでに、しばらくかかった。(´ヘ`;)

 

大学受験で行間を読む練習をした。作者が言外に言わんとすることを読みとる練習。でもあれ、書いてないんだよね。だから我の想像を持ち込む作業だと思ってた。そんなんだから、勉強がはかどらなかったんだろうな。

書いてあることを、書いてあることとして、受け入れること。それと、そのことを私に当てはめるとどうか、ということは別のこと。

「○男さんは、A = B と書いているけど、私の経験じゃ A ≠ B だ。」という解釈や判断をまず持ってくる読み方。

「○男さんのとこじゃ、A = B なんだ。素晴らしい。その条件は、C と D か。私のところでは、C はあるけど、D はないな。その際はどうなるか」という読み方。

まずは、書いてあることを読む。なんだか自然農での、作物との関わり方に似てる。

 

そういえば完二さんが名古屋での全国の集いの際に、「『作物が出来ない。あれこれやってるのに結果が出ない。』という意見が多いけど。作物が出来てないっていう結果が出てる。まずはそのことを見ないと。」と言っていた。いやー、既に言われてるなー。精進が足らんわー。

 

良かった。ありがとうございます。勉強になりました。

「自然農」最新記事

ほにょ 2020-11-19
いろいろな穀物をつくる 2020-10-31
踏み込み温床 のち 植物性堆肥 2020-04-12
古代米とお豆のサラダ 2020-03-30
お花見弁当 2020-03-20
早春は切り干し大根の季節 2020-03-09
石臼で小麦を挽いてパンを焼く 2020-02-01
冬水田んぼ、やってみるかって(笑い 2020-01-15
我が家に犬が仲間入り 2019-09-02
穴を掘って埋めるだけ、じゃない 2019-03-01