古布

畑仕事に余裕のある冬の時期に、骨董市で格好いい古布の反物を手に入れた。ヽ(´▽`)ノ

野良着を自分で作りたくて、3年ほど前からいろいろ作ってる。

ホームセンターで安くて丈夫な作業着が手に入るのに、何故わざわざと思わないでもなかったけど。作業着は個性ないしね。納得のいく服を選んでると結構高くなるからね。

オーガニック栽培の綿や麻の布を購入して作ろうとしてたけど、買うとなると布自体が高くて農作業で着古すのに躊躇してた。

そこで古布。質、デザインともに素晴らしい。

野良着

日本各地の農山漁村には、武家や貴族の服とは違う、野良着の仕立て方が伝わっている。ズボンでは、サッパカマ、ユッコギ、タツケなど。上衣はジバン、ミジカなど。

裁断も縫製も直線が基本で、型紙がいらず、捨てるような端切れがほとんど出ない。糸から自分たちで作っていた時代の知恵が詰まってる。

ズボンが出来た

これまでズボンを10本ほど試作してきて、やっと納得のいくものが出来た。

昔の農家と同じ様に、布の足らない所は、端切れでパッチワーク。良さそうな端切れは宝だな。

私のはミシンを使った和裁。裁断から縫製まで半日で1本出来た。だいぶ早くなったと思う。

反物から仕立てるということ

切り落とした布端は、折り伏せ縫いや袋縫いで始末してるけど、2段階に折って縫うのは手間がかかる。それが、反物巾で仕立てると布端の処理に気を使わなくていい。反物の端で抑えれば、抑え縫いだけで良い。なんて気軽なんだ。

次の写真の左下は反物の端で抑え縫いを、右側は折り伏せ縫いをしてある。

左上は、この反物を買ったときにしてあった、手縫いのまつり縫いを真似たもの。これでも大丈夫かもしれないという実験。

使い倒す

カッコ良く出来たから、野良着に使うのがもったいない。ヽ(´▽`)ノ

まずは、よそ行きに使い。くたびれたら、部屋着にし。継ぎを当てた頃に、野良着にするというのが、よかろうと思う。最後は、雑巾。大事に最後まで。

次は上半身

テッポウジバンを貫頭衣な感じで作ろうかなぁ。( ̄. ̄)。oO

野良着とは - コトバンク

二部式の上衣はコシキリ、ジバン、ハンチャ、ミジカなどとよばれ、丈は腰ぐらいまで、衽(おくみ)のつかないものが多い。両脇(わき)の裾(すそ)に10センチメートルぐらいの馬乗(うまのり)がつき、ゆとりをもたせている。袖(そで)はとくに腕の動きがよいようにくふうされ、変化に富んでいる。平袖(ひらそで)・半袖には襷(たすき)、腕貫(うでぬき)、手甲が併用された。筒袖はツッポ、テボソなどといわれる。鉄砲袖は筒袖と腕貫をあわせた型で、腕に密着させ、腕の付け根に三角の燧布(ひうちぬの)を入れ、腕の動きを楽にしている。捩袖(もじりそで)はマキソデ、ネジソデともいわれ、広袖の下端を、袖口にかけて斜めに三角形に折り上げたものである。袖付けが大きいので、下に重ね着をした場合でも、ゆとりがある。

単(ひとえ)、袷(あわせ)、綿入れがあり、寒暖に応じて袖なしを外に着たり、胴着を内につける。

帯は細帯、布のままのもの、裂き織などがあり、汚れ防止と前裾の乱れを防ぐ前掛けは、二布(ふたの)から、後ろまで回せる四布(よの)ものなどある。

材料は耐久力のあるものが使用されるが、古くは藤(ふじ)、科(しな)(シナノキ)などの雑繊維、麻が使われ、木綿の出現後は、保温性のある木綿が主になった。染色は堅牢(けんろう)で洗うと美しさが増す藍(あい)染めが多く、紺無地か縞物(しまもの)、絣(かすり)が用いられた。

この記事が気に入ったら →

いいネ!

「#作る」最新記事

ペチカを作る。その2。再設計からレンガ積み途中まで 2021-07-12
新作。オクド2型。薪火で調理するオクド。 2021-04-13
穀物の脱穀の仕方 2021-01-20
オクド1型。版築で作ったオクドを1年使ってみて 2020-08-01
能登産の木材で踏み天井用の板作ったよ! 2020-02-12
貝灰できた 2019-08-22
珪藻土煉瓦もアサヒキャスターも消耗品です 2019-08-21
チェーンソーが片方に切れ込んで行く理屈と直し方 2019-05-01
Cob House 藁版築 light straw clay 2019-04-01
1型。オクド築炉中 2019-03-21