-->

自然農ガットポンポコ

2017年03月01日 カテゴリ:作る

薪直火の火力についての考察

珪藻土レンガのキッチンロケットができたときは、なんていいものを作ったのだろうと思った。

しかし、囲炉裏で薪の直火を使っていると、その火力の強さに驚き、ロケットストーブの火力ではもの足りなくなってきた。 (;゚д ...

熱効率(熱交換率)

囲炉裏の薪直火で炙ると、とても素早く調理できる。燃焼効率が良ければ素早く調理できる、とは限らないんだなあ。「燃焼効率」と「熱効率」は、区別して考えないといけない。

あくまで想像の話でデタラメな数字だけど、「ロケットストーブは燃焼効率がいいので完全燃焼して1000度に達するけど、鍋を置く地点では、300度くらい」、対して「囲炉裏の薪直火は、不完全燃焼で煙るが、鍋にあたる温度が500度くらい」。ということなんだろうか。

薪の焔の外廓部は空気に十分ふれて完全に近い燃焼をなし、温度は最も高いが光は強くない。この部を外焔といっている。
外焔(酸化焔)600℃~800℃

農家向き改良かまど : 作り方・扱い方

あぁ、一本の薪の中でも、完全燃焼をしている部分と、不完全燃焼をしている部分がある。あたりまえだな。ロケットストーブは不完全燃焼したガスに再着火してるのか。

鍋が直接触れる焔は、600℃くらいあるみたいだな。

ヽ(´▽`)ノ↑ 引用した本とても良い。しかし絶版。岐阜県立図書館にあった。再販を望む!

火袋(焔を鍋に受ける)


改良かまど築造の技術

昔の竈を見ると、羽釜の側面を炎が包むように回り込むように、火袋という形状を大事にしてたということが分かる。「鍋を釜口にずぼっと入れられると、劇的に熱交換率が高まる。」というやつやね。私のキッチンロケットは天板の上に鍋が乗る状態だから、炎や熱風を十分に生かせていないと思う。火袋を作って熱効率をよくすれば、火力が上がるかもしれない。

でも、しかし

でも、温度だけみても、Iantoのロケットストーブは鍋を置く天板が高温で真っ赤になるという話だから、私のロケットストーブは、断熱なり寸法なり、もっと改良の余地があるのかもしれない。しかし、しかし、外焔に直接触れる部分は600℃、というのは魅力的だなあ。あぁ、作って見ないと分からんなぁ。

関連記事

views


畑だより
「作る」のお便り