薪火をフーフーしながら、鉄鍋にクツクツと煮える猪鍋を、ハフハフしながら食べるという贅沢をしたくて、念願の囲炉裏を作った。

昨年までのベンチ式ロケットストーブで、足を降ろしていたコの字になっている場所を、石と粘土でロの字にして、石や割れた瀬戸物で底上げして、砂で埋めて、灰を入れたらできあがり。

灰がちょっと足りなかったので、炉縁はまだ作らない。いつかは囲炉裏と憧れて、つり鍋や五徳、自在鉤は集めていた。集めてるけど、やんないかもな、とも思っていたけど、えいやっと、作ってしまった。

冬の囲炉裏生活は果たして現代人に耐えられるかどうか、暮らしの中で実験開始。

関連記事

この記事が気に入ったら →

いいネ!

ログイン不要で、いいネ!できます。足跡も残りません。

#作る 最新記事

日本での'earth building'(土造り住宅) 2022-05-14
ロフトを造る 2022-04-03
地球で生きていくために炭を焼こう 2022-03-01
薪火の床暖房いろいろ 2022-02-05
ペチカその3。完成 2021-10-14
農家の手仕事。野良着を縫う 2021-08-13
ペチカその2。再設計からレンガ積み途中まで 2021-07-12
オクド2型。薪の炎で調理する。新作。 2021-04-13
Cob House コブの家 建築中 2021-03-27
穀物の脱穀の仕方 2021-01-20