薪火をフーフーしながら、鉄鍋にクツクツと煮える猪鍋を、ハフハフしながら食べるという贅沢をしたくて、念願の囲炉裏を作った。

昨年までのベンチ式ロケットストーブで、足を降ろしていたコの字になっている場所を、石と粘土でロの字にして、石や割れた瀬戸物で底上げして、砂で埋めて、灰を入れたらできあがり。

灰がちょっと足りなかったので、炉縁はまだ作らない。いつかは囲炉裏と憧れて、つり鍋や五徳、自在鉤は集めていた。集めてるけど、やんないかもな、とも思っていたけど、えいやっと、作ってしまった。

冬の囲炉裏生活は果たして現代人に耐えられるかどうか、暮らしの中で実験開始。

関連記事

この記事が気に入ったら →

いいネ!

「#作る」最新記事

ペチカを作る。その2。再設計からレンガ積み途中まで 2021-07-12
新作。オクド2型。薪火で調理するオクド。 2021-04-13
穀物の脱穀の仕方 2021-01-20
オクド1型。版築で作ったオクドを1年使ってみて 2020-08-01
能登産の木材で踏み天井用の板作ったよ! 2020-02-12
貝灰できた 2019-08-22
珪藻土煉瓦もアサヒキャスターも消耗品です 2019-08-21
チェーンソーが片方に切れ込んで行く理屈と直し方 2019-05-01
Cob House 藁版築 light straw clay 2019-04-01
1型。オクド築炉中 2019-03-21